訪問診療(在宅医療)

訪問診療(在宅医療)とは

訪問診療(在宅医療)とは、お一人で通院が困難な患者様のもとに医師が定期的に診療にお伺いし、計画的に治療・看護・健康管理等を行うものです。定期訪問に加え、緊急時には必要に応じて 臨時往診や入院先の手配なども行います。
訪問診療の目的は病気の治療だけではありません。転倒や寝たきりの予防、肺炎や褥瘡(床ずれ)などの予防、 栄養状態の管理など、予測されるリスクを回避し入院が必要な状態を未然に防ぐことも重要な役割です。

患者様への対応

お一人で通院受診することが困難なご高齢の方にとって、介助者を伴っての通院や、医療機関・調剤薬局での待ち時間が無いため、身体的な負担が軽減されます。24時間365日の対応 お住まいで安心した療養生活を送っていただくため、主治医を含めた複数の医師・看護師が24時間・365日対応いたします。容態が急変し、医師が入院を必要と判断した場合、連携病院を紹介しますので、ご安心ください。 (以前かかったことがあるなど、特定の病院を希望される場合にも対応いたします。)

通院負担の軽減

ご家族様がお仕事を休まれたり、施設スタッフの方が平日昼間に時間をとられることなく通院介助負担が軽減されます。

医療のワンストップサービス

定期的な訪問診療以外にも、予防接種の実施、入院先のご相談にも対応します。

ソーシャルワーカーの対応

社会福祉士・介護支援専門員・障碍者相談支援専門員の資格保有者がおりますので様々な分野のご相談の対応させていただきます。

介護との連携

経験豊富な医師が、ご家族や関係者の皆様に介護に対するアドバイスなどを実施いたします。
施設スタッフ様とひとつのチームとなり、在宅での生活を支えていきます。

訪問診療の依頼の流れ

STEP01お電話にてご相談

関係機関の方やご家族様よりご連絡いただきましたら、患者様の現在の病状に合わせて訪問診療のご案内をします。
訪問診療申込み用紙をご記入いただきFAXして下さい。医療機関様はご用意がありましたら、診療情報提供書もFAXして下さい。
診療情報提供書は訪問診療をさせていただく前に必要になりますので早めにご用意ください。

STEP02訪問診療のご説明

医療ソーシャルワーカーが患者様のご自宅に伺い、診療内容・診療費用ついてのご説明をいたします。
併せて、患者様のご状態やご希望をお伺い致します。
診療情報提供書、各種保険証をお預かりします。

STEP03訪問診療の開始

日程調整を行い、医師が訪問致します。
訪問スケジュールや診療回数は患者様の状態や症状、介護サービスとの兼ね合いで進めていきます。

処 方

診察の際、お薬が必要な患者様には処方箋を発行いたします。
処方箋の提出により、全国の調剤薬局でお薬を受け取ることができます。また、調剤薬局での受け取りが困難な場合には、調剤薬局の薬剤師さんにお住まいまで配達してもらうことも可能です。
薬を受け取る際に飲み方や副作用の注意などについても、薬剤師さんから詳しく説明を受けることができます。

検査

必要に応じて、下記の検査を在宅で実施することができます。CTやMRI、内視鏡など精密検査が必要な場合には、近隣の提携医療機関をご紹介いたします。

●血液検査・尿検査・便検査などの検体検査
●超音波検査
●心電図検査・ホルター心電図検査
など

治療

下記の疾患・医療機器の管理が在宅で可能です。
疾患条件により受け入れが困難な場合がございますので、詳しくはクリニックまでお問い合わせください。

● 慢性疾患
● 認知症
● 精神疾患
● 点滴・注射
● インスリン・自己血糖測定
● 在宅酸素療法
● 外傷や褥瘡などの処置
● 疼痛の管理・麻薬の管理
● 経管栄養法
● 中心静脈栄養法
● 尿道留意カテーテル・膀胱瘻・胃瘻
● 心臓ペースメーカーの管理

予防

●各種予防接種
地域によっては公費対応できる疾病が異なる場合もございますので、
詳しくはクリニックへお問合せください。

在宅医療の対象となる方

このような方々のお手伝いをさせていただいています。

  • ・身体・健康上の理由で通院が困難な方
  • ・介護者の要因・負担により通院が困難な方
  • ・最期の時を住み慣れた家でご家族と一緒に過ごされたい方
  • ・家で寝たきりでかかりつけ医がおられない方
  • ・慢性疾患でご自宅での療養生活を勧められてる方
  • ・経管栄養、中心静脈栄養、人工呼吸器などの特殊な治療・管理が必要な方

など

対応可能な医療処置・管理例

対応可能な医療処置等

  • ・点滴・注射
  • ・高カロリー輸液(ポート管理)の管理
  • ・気管切開術後の気切カニューレ管理
  • ・経管栄養管理
  • ・膀胱留置カテーテルの管理
  • ・在宅酸素療法
  • ・人工呼吸器の管理
  • ・気管切開術後の気切カニューレ管理
  • ・経管栄養管理
  • ・膀胱留置カテーテルの管理

医療費について

ひと月に訪問する回数や治療内容 (在宅酸素・中心静脈栄養・採血・点滴など)で医療費が変わります。 また患者様が加入されている健康保険等の負担割合に応じてお支払いいただきます。

定期訪問診療が2週に1回(月2回)であれば月額概算6,000円~10,000円(後期高齢者保険1割負担の方)くらいが目安です。

加入保険、医療内容によって費用は変わりますので、お気軽にご相談ください。

訪問診療エリア

現在、金沢区・磯子区・港南区全域及び周辺地域の患者様を診療しています。 何か診療エリアなどにご質問・ご不明な点などありましたら、下記のお問い合わせにお気軽にご連絡ください。

能見台きづなクリニック 医院案内

医院名 能見台きづなクリニック
所在地 〒236-0053神奈川県横浜市金沢区能見台通3-1アサヒビル301
TEL 045-780-3270
FAX 045-780-3271
診療時間 月・火・水・木・金  午前診療9時~13時/午後診療14時~18時
※緊急時は時間を問わず対応致します。
定休日 土・日・祝日

アクセスマップ